運動・太極拳

    疲労とストレスを溜めた結末。私が太極拳を始めたきっかけ。一生元気を保つ2つの鉄則、とは?

    最近は、環境が大きく変わり、疲労とストレスを抱えている方も多いと思います。

    無理をし続けるとどうなるか?太極拳・長拳インストラクターのみなみりんかが、過労で身体を壊した自身の体験談から、健康を保つために大切なことをお伝えします。

    死に損ねるまで

    早朝出社、残業、ストレス

    現在は、太極拳・長拳のインストラクターをしていますが、
    実は前の仕事は総合職。

    職場は過酷で、
    早朝出社に深夜までの残業続き、

    しかも仕事中はトイレに行く暇もないほどの過密スケジュール。
    ストレスも尋常ではありませんでした。

    ある日、少しだけ時間が出来て、

    気分転換にスポーツジムに。

    とは言っても、疲れ切っていたため、
    プール(ゆっくり歩いただけ)→その後、お風呂へ。

     

    スポーツジムのお風呂で倒れる

    浴槽で温まり、出ようとしたときに
    意識を失って倒れ、
    しかも頭から倒れたため、
    コンクリートのお風呂場の床で頭を強打。

    と、書いていますが、

    書いている本人の私には
    未だにその時の記憶が全く無い(笑)

    裸のまま意識を失って倒れている私に、
    周りの人たちが声をかけてくれて、
    何が起こったのかもわからない私に
    状況を教えてくれて

    意識は取り戻したものの、
    立ち上がることも出来ず
    そのまま救急車に乗ることに。

     

    入院、今夜が山場と告げられる

    搬送先の病院で、幸い、
    意識ははっきり戻ったのですが、

    夜だったため、検査の後、医師に

    「あなたのように頭を強打した人は
    数時間で容体が急変することがあるから、
    今夜が山場。
    だから、なにかあったらこれを押して」

    とナースコールを渡され、

    「死ぬかもしれないときに、
    自分でボタンを押せるの?」
    と(医師には言えなかったけど)
    怯えながら一夜を過ごしました(笑)

    打った頭はもちろん痛かったけど、
    それ以上に

    こんな所で死にたくない!
    ずっと真面目に仕事してきて、

    結果がこれって
    人生っていったいなんなんだ!!」

    という気持ちがぐるぐる頭をめぐり
    全く眠れず。

    幸い、その日は死なずに済み

    「3か月は危ないので気を付けて」と医師に言われつつ退院。

    とりあえず山場は超えたのに
    まだ3か月も危険なのかと大きな不安を持ちました

    kunghu girlその約10年後にはカンフーが出来る自分になるなんて想像もしていませんでした。

    本格的に体調不良に

    一気に身体から悲鳴が

    本当にきつい状況は
    退院後から始まりました。
    とにかく毎日、体調が悪い。

    疲労感が全く取れない。
    身体も頭もずっと重い。だるい。
    肩こりと腰痛がひどい。

    倒れる前から多少、それはあったけれど、
    症状がより重くなりました。

    しかも、よく眠れない。
    朝すっきり起きれない。

    顔は吹き出物だらけ
    (全くメイクが出来ない)
    体重も増えるばかり。
    気持ちが滅入ってやる気もでない。

     

    毎日、死にそうだった

    仕事はそのまま続けていましたが、通勤も必死、仕事も必死。

    とにかく生きているだけできつい(笑)。

    デスクワークで
    長時間パソコンに向かうことすら
    耐えられず
    数時間ごとに更衣室で横になる有様。

    気分転換で外にランチに出たら、
    そのお店で具合が悪くなり
    休ませてもらったこともありました。
    (お店の方に親切にしていただいて
    泣きそうになりました)

     

    何をやっても治らず。未病?加齢?

    病院で薬、整体も、鍼も

    もちろん、病院に通いました。
    でも、特に病名が無い。
    数種類の漢方薬を処方され
    しばらく飲み続けましたが効果無し。

    サプリメントも試しましたが効果無し。

    整体やマッサージにも通いましたが、
    効果はその場だけ。

    そんな中、友人に薦められ、鍼に。
    ところが、
    背中全体が赤くなり、痛みも出て断念。
    肌が極端に弱い私には無理でした。

    とりあえず、他に方法を思いつかず、
    少しだけでも身体を動かそうと、
    ジムのプールだけ続けましたが、
    こちらも目立った改善はできず…。

     

    老化で身体が衰える、という恐怖

    ただ、疲れていただけで倒れて、
    こんな状況になるなんて

    しかも一向に体調が良くならないなんて

    年をとるってこういうことなのかと

    このまま老化したら、どうなるんだ!と、
    人生で初めて、感じた「老い」の恐怖

    今より、だいぶ若かったのに(笑)

    結論。この鉄則で一生元気

    どん底の体験で健康への意識が変化

    でも、この体験で、真剣に
    心身について考え、取り組むように
    なりました。

    結局、太極拳にたどり着き
    驚くほどに元気を取り戻しました。

    健康を保つ、2つの鉄則

    自分の体験と、仕事柄、たくさんの生徒さんの相談を受けてきて、

    一生の健康を保つにはこの二つが鉄則だと考えています。

    健康 相談 豊橋

    1.無理をしない。ストレスを溜めない。 

    人の身体は無理できるように見えて、
    (実際出来るけど)

    必ず後で、何倍ものツケが戻ってきます。
    無理した期間の何倍もの時間が、
    元に戻るまでにかかります。

    それでも戻ればラッキーだけど、
    重病になるケースも
    たくさんあります。

    だから、そもそも、壊さないように
    心身を大切に扱う、ということですね。

     


    2.自分で自分を調整(メンテナンス)
    できる技術を持っておく

    私の場合、この技術は太極拳
    太極拳は私が知る限り、
    自分で心身のバランスを整え、
    免疫力と自然治癒力を高めることが
    できる最高の手段です。

    身体のことに関しては
    誰も、あなたを助けられません

    例えば、簡単な例では

    「肩が凝ればマッサージに行く」と
    人に頼って改善しようとしている時点で
    健康を一生保つのは難しいと感じます。 
    ※これは以前の私。だから倒れたし、
    なかなか回復も出来なかった。

    「肩が凝らない自分をつくる」人が
    一生元気を保てる人です。
    ※今はこれを目指しています。

    薬も、お医者さんも、身体をほぐす人も、
    治癒の助けになるだけで、

    「治る」の根本は、自分の治癒力。

    自分で自分の身体はコントロール
    できれば、一生安心
    です!

    というわけで、

    私は今、前職を辞めて(無理をしない)
    自分のメンテナンスとして
    太極拳をやっています。

    太極拳を続けて約18年。
    あの頃感じた、

    老いの恐怖は今、全く無く、
    身体能力もその頃より向上してます


    嬉しいことに
    私の生徒さんたちも、みんな
    太極拳を始めると元気になってきます。

    人の心身は、正しく扱えば
    必ず変わります。


    どんな状況からでも、何歳からでも。
    たくさんの生徒さんを見てきて
    これは、本当に真実、です。

     

    だから、もし、あなたが
    今、大変な状況だったとしても、
    大丈夫。必ず元気になれます。
    死に損なった私が保証します!


    太極拳・長拳を続けるといいことあります。

    あなたが今日も、明日もずっと
    元気でありますように。

     

    https://rinkalife.com/how-to-start-taichi-lesson/

     

     

     

     

     

     

    関連記事はこちら